アグネスの施術の痛みとダウンタイムについて

気になるアグネスでのニキビの治療

アグネスでニキビ治療や目の下のシワやたるみを取る施術を受けた時の痛みやダウンタイムについてまとめています。

新着おすすめ記事

アグネスの施術の痛みとダウンタイムについて

アグネスの治療はニキビや目の下のシワやたるみ、汗管腫などまできれいになるので大変人気となっています。

アグネスの治療での痛みやダウンタイムはどんなものなのでしょうか。

痛みはやはり気になりますね。

《アグネスは痛いの?》

痛みの感じ方には個人差があるので何とも言えないものですが、やはり針を刺すので刺激は感じます。

施術前には麻酔クリームを塗りますので、それほど強い痛みは感じないと言われています。

施術後に腫れや熱感がありますが、すぐに落ち着くので大丈夫です。

《ダウンタイムについて》

美容外科などで施術をしてもらうと、ダウンタイムは〇日間です、と言われることがあります。

ダウンタイムというのは、施術を受けてから回復するまでの間のことです。

痛みや腫れ、むくみなどが起きてからいつも通りの生活ができるようになるまでの期間を言います。

アグネスのダウンタイムは1日から2日ですが、もし内出血が起こった場合は1週間から10日くらいかかります。

メイクをするのは、施術の翌日以降からが良いでしょう。

《人によってダウンタイムは変わる》

目安としてアグネスのダウンタイムは1日から2日としていますが、施術した部位やお肌の状態によってダウンタイムは変わります。

肌質には個人差があるので違いがあるのは仕方がありません。

医師が状態を見て判断しますので、必ず確認するようにしましょう。

ニキビを治すとか肌をきれいにするために施術したのに、ダウンタイムを守らなかったために肌トラブルが起こってしまったのでは意味がありません。

Copyright 気になるアグネスでのニキビの治療. All Rights Reserved.